ウーマン

パティシエを目指すなら専門学校で様々な技術を取得しよう

専門的に学べる

バリスタ

美味しいコーヒーの淹れ方を熟知した職人をバリスタといいます。バリスタになるには、資格を取得しなければなりません。勉強するには専門スクールに通うことをおすすめします。コーヒーについての基礎知識や技術などをしっかり学べます。

詳細へ

場所を選べる

食パン

パンを上手に焼くためにはコツが必要になります。その指導をしてくれる教室が各地に誕生しています。グループレッスンやプライベートレッスンなどといった様々な授業スタイルがあり、場所も自由に選べるようになっています。

詳細へ

食のプロ

料理

飲食店などで出すメニューを考えたり経営方針をアドバイスしたりする仕事の人をフードコーディネーターといいます。この仕事に就くには、調理の専門学校に通って基礎から学ぶことが一番の近道だといえます。

詳細へ

海外でも学べる

お菓子

様々なお菓子を作るパティシエという職人がいます。パティシエは、洋菓子から和菓子まであらゆるジャンルの製菓を作るプロです。世界には様々なお菓子があり、見た目や味など数多くの種類のものが存在しています。見た目も華やかで味も美味しいお菓子を人々に提供する夢のある仕事なのです。パティシエの仕事に就くには、製菓の専門学校に通うといいでしょう。専門学校では、様々な技術を学ぶことができます。まず器具や材料の測り方から学び、お菓子を作る元となる生地の作り方など基本的なことから勉強していきます。洋菓子であれば、その歴史から学び、生クリームの作り方や、綺麗なデコレーションの仕方など必要な技術を身に付けていきます。実習を通して、しっかりと学習するので現場でも役立つことが多いです。和菓子の授業では、基本となる餡の作り方をまず学んでいきます。そして、和菓子で重要となる繊細な形や色合いの付け方などの技術を習得していきます。和菓子は飾りつけが非常に大切なポイントとなります。授業を通してしっかりと飾りつけの技術を学ぶことができます。パティシエになるためには、このような様々な技術を身に付けておくことが肝心になるのです。

製菓の専門学校では、海外留学もカリキュラムの中に取り入れているというところもあります。洋菓子の聖地と言われるフランスへの留学を行っている専門学校が多く、本場でプロの技を見ることができてとても勉強になります。専門学校に通うと、通常よりも低価格で留学を行うことができるので非常に便利です。フランスに姉妹校を構える学校も中にはあります。学校から特別にサポート受けることができますので、費用が抑えられて負担を軽減できます。留学をすることで、視野も広がり本場の高い技術を取得できるのです。パティシエとして様々な場面で活躍していくには、留学の経験がとても役立つことでしょう。専門学校でしっかりと基礎から学んで、一人前のパティシエとしての力を身に付けていきましょう。